プレス工程






高根沢工場では、アルミとスチールの双方を使用するため、通常のプレスよりも多くの工程を経ています。
スチールと違いアルミは急激な加圧による変形は破断、割れを招くからです。これを克服するために、加工工程を複数段階に分けて「少しづつ」加工していきます。これは、一つの部品の作成に複数の金型が必要とされますが、少量生産前提であったため、一ロットが50程で、直ぐに金型を交換し、工程を進めていきます。


   溶接工程へ