組立て工程




 NSXのみの生産時はボディは台車で移動していました。(軽いので、人の手で押せる) S2000生産開始時に
ハンガーが導入され、やや一般の自動車工場に近くなりました。
 組立てはまず配線系統が通され、エアコン、内装、ランプ類の後、足回り、駆動系とエンジンが組まれます。
 ちなみに、NSX、インサイト、S2000全て同じラインで組み立てられます。大きな部品(フロントガラス)などは二人
で組み付けますが、二人の指先感覚が同じでないとセンターの位置が出ません。(職人技!)
 短いラインなので、一工程で取り付けられる部品は通常のラインの8倍。ラインも8分しないと動きません。通常、
自動車の組立てラインというと、車が流れているのを想像されると思いますが、高根沢では、逆に動く瞬間を見ることが
稀であるというほどに時間の流れが違います。

塗装工程へ   完成検査工程へ