完成品質検査


 

 完成検査も高根沢ならではです。ドア、トランクの開閉は「音」でチェックされ、アライメントチェック、シャワーテストを経て、
灯火類、ホーンのチェックと、ローラーの上で実際に180`まで加速、振動とメーター誤差のチェック(キロ/マイル対応)
を受け、初めて工場を出ます。通常であればここまでなのですが、さらに、外のテストコースで、悪路での振動、加速のチェックが行われて出荷となります。

初めて高根沢製の車を納車されたとき、すでに走行メーターは5から6キロになっている事に驚かれる方もいますが、この入念なテストこそ、高根沢の『魂』の
篭った仕上げの賜物といえるでしょう。